不妊治療専門病院に行く前に!不妊治療と体外受精の治療内容

最新の免疫療法でがん治療だけではなく脳梗塞と動脈硬化もアプローチ

妊娠に向けて本格始動~安心して治療を受けるために~

手

赤ちゃんを授かるために不妊治療専門病院等を受診するなら、その前に安心して治療を始めるための心構えやあらゆる知識を知っておきましょう。

年齢とともに妊娠率が下がる

今では年齢を重ねても若々しさを保っている方も多いのですが、体の中ではさまざまな老化現象が始まります。特に生殖機能に関しては、20代後半~30代前半をピークに衰えが始まります。日本産婦人科医会では、35歳を超えた初産は高年妊娠という定義を行なっており、ハイリスク出産に分類されるケースもあります。もちろん、妊娠の成立も35歳を境に確実に低くなります。今は晩婚化が目立つご時世となり初婚年齢も上がっています。こういった事から、妊娠を望む場合はできるだけ早く未妊・不妊に関する診察を受けしかるべき治療を始めることをおすすめしています。

不妊治療の種類

一般不妊治療
一般的な不妊治療の場合、自然妊娠にできるだけ近い形での妊娠を促す治療法を用いています。主にタイミング法を軸にしており、検査などで排卵のタイミング見計らい、性交渉を行なうよう指導をしていきます。この方法は、妊娠を阻害する理由がない夫婦の不妊治療の第一歩として選択されます。妊娠率の正確性はありませんが、1年以内で高い確率で妊娠が望めるとされています。
人工授精
タイミング法と同じ方法で女性の排卵を促し、正確な排卵日の推測を行ないます。パートナーの精子を採取した後、一定の処理をして、器具によって直接精子を注入する方法が人工授精です。この場合精子は子宮の内部に注入されるので、より受精率が上がりやすくなると考えられています。女性が健康体なのに対し、精子の量が少ない・運動量が少ないというような男性不妊が認められる場合の治療の第一選択となります。
体外受精や顕微授精
卵巣から成熟卵を採取し、パートナーの精子とシャーレの上で受精させる方法を指しています。顕微鏡を用い、精子を卵子に埋め込む作業を伴うこともあるため、顕微授精と呼ばれることもあります。受精後胚分割が進んだ受精卵を選定し、女性の子宮内へ戻す(着床)という作業を行ない、妊娠の成立を待ちます。体外受精にはリスクを伴い、成功率を高めるため、通常1つしか排卵されない卵子をホルモン誘発によって複数個採取する他、受精卵のスコアが悪ければその周期の治療は中途終了となります。また子宮へ受精卵を戻すまでホルモン治療は続きますので、体への負担も大きいと言えるでしょう。

排卵誘発剤とは?


不妊治療で使われる排卵誘発剤にはどんな効果があるのですか?
排卵の機能が衰えているなど卵胞発育不全の症状が認められた場合には、排卵誘発剤を用い不妊治療を行ないます。黄体ホルモンの機能改善を図り、排卵の確率を高める効果があります。不妊治療の場合、排卵誘発剤を用いた治療のみで終了することがありますが、その後のホルモン機能が正常に機能しなければ妊娠が成立し続けることができない場合もあります。黄体ホルモンを補充し妊娠を維持し続ける等の治療が継続される場合がほとんどです。
副作用などが起こらないか心配です。
排卵誘発剤にもさまざまな製法の違いや容量の違いがあります。排卵誘発剤とひとくくりにしても、その効能やリスクはさまざまです。考えられる副作用としては、だるさやめまい、吐き気等が見られます。これは一過性のもので、服用を中止すると症状は落ち着きます。不妊治療時に排卵誘発剤が処方された場合、副作用に関してわからないことがあれば必ず質問をしましょう。薬に対して不安を払しょくしてから服用するようにしたいものです。

不妊治療に備える~費用と治療中の過ごし方~

入口はたくさんあるけれど、ゴールが簡単には見えないのが不妊治療です。ここでは、不妊治療をムダにしないためのヒントをまとめました。

不妊治療の助成金の種類

都道府県
子育て支援の一環として、都道府県において不妊に関する特定治療支援事業を行なっています。初回治療や男性不妊治療など助成面の条件を伴いますが、多くの不妊治療中の夫婦にとって大きな支援につながっています。助成の内容に関しては、治療を始める前には必ず、条件面をお住まいの都道府県の子育て支援関連の窓口に確認されることをおすすめします。
市区町村
住民登録をしている自治体でも独自に不妊治療助成を行なっている場合があります。対象となる治療や、上限金額等が定められている場合がありますし、市町村レベルで助成を受けるためには、更なる条件が求められる場合があります。こちらも都道府県への問い合わせと同様、住民登録がある自治体の子育て関連窓口や健康・福祉に関する窓口で助成条件に関して確認することをおすすめします。この条件を確認後に不妊治療を始めることをおすすめします。

助成対象となる人

助成対象は、お住まいの自治体によって大きく条件が変わりますので事前に確認されることを大前提といたします。一般的には、特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがない、いわゆる不妊の診断をされた夫婦が対象となります。年齢制限を設けている自治体もあり、妻が妊娠や出産に耐えうる体を保てる年齢を上限としているところもあります。対象の病院が指定されていることもありますので、必ず治療を始める前に自治体に確認を取りましょう。

不妊治療を無駄にしない!

不妊治療で成果を上げるためには、夫婦で体質改善を進めていきましょう。規則正しい食生活や身体を冷やさない生活は男性も必要不可欠です。睡眠をとる3食バランスがとれた食事をとることを柱とし、妊娠に必要な栄養素をマルチビタミン等のサプリメントで摂取することをおすすめしています。当たり前の生活改善法ですが、妊娠を望んでいる夫婦にはとても大切な要素となります。

マカのパワー

マカには巡りを良くする働きや女性らしさを整え、体をトリートメントし、妊娠力を高めるお手伝いをしてくれます。マカには、天然のミネラルやアミノ酸がたっぷり含まれています。女性だけではなく男性も一緒にマカの成分を摂取することで男性そのものの元気を整えてくれます。不妊治療は体力の消耗も大きくなります。マカのサプリで治療に耐えられる体力をつけることも大切ですね。

不妊治療に欠かせない栄養素

マカの成分だけでもしっかりサポートを受けることができますが、妊娠前から葉酸やビタミンC、鉄分などの成分も摂取できるように心がけることをおすすめします。子宝系サプリにはこれらの成分が網羅された商品も多いのでチェックしてみてくださいね。

TOPボタン